はてなブログ研究室

一流ブロガーを求め、研究するブログ。

自分は周りとは違うと感じた時に落ち込むのはもったいない

どうも、電車にゆられることが前より多くなってきた匿名希望です。

 

学校が始まったんですよね。

 

ところで、電車に乗ってると僕だけでしょうか、窓の外を見てぼーっとしてしまうんです。

 

流れる風景はいつもの日常と変わらないのになぜか電車に乗る度に見てしまいます。

 

歳でしょうかね()

 

さて、今回はいつものはてなブログを徹底研究みたいな記事はお休みして僕のちょっとした意見を書いていこうと思います。

 

まあ、僕のというより大学の教授が言ってたことが少しかっこよかったので文字に起こしてみただけなんですが笑。

 

でも、僕も教授の意見に禿同(激しく同意)なので僕の意見とも言えますよね(ごり押し)

 

あ、ところで皆さん知ってますか。

ブログの急な路線変更はブログを伸ばす上で効率が悪いので、やめたほうがいいらしいですよ。

 

、、、、。

 

え?

 

誰のことですかね。

 

いいからさっさと話を進めましょう(フラグ回収していくスタイル)

 

前回の記事↓

nostalgic.hatenadiary.com

 

タイトル「自分は周りとは違うと感じた時に落ち込むのはもったいない」とまるでラノベのタイトル並みの長さとなっておりますが、まあこれしかしっくりくるタイトルが無かったんです^_^;

 

まずは例え話をしますね。

 

例えば、異常者と呼ばれる人がいます。

 

その人は常に周りとは違う行動をとり、さらに考え方も周りとは違います。

 

いわゆる一般的な人ではないということです。

 

しかしこの人は本当は異常者なのか。

 

僕はそうは思いません。

 

これが逆だったらどうでしょう。

つまり今の世界ではこの周りと違う人が異常者と言われていますが、それはその周りの人の人数が異常者と呼ばれている人よりも多いからそう呼ばれているわけで。

 

これが異常者の人数のほうが多くて一般的な人の人数が少しならどうなっているでしょうか。

 

答えは簡単です。母数の多い異常者と呼ばれている人達が一般的で普通であって、少数の一般的な人と呼ばれていた人達は異常者に切り替わります。

 

なぜなら異常者がたくさんいる世界になって、今まで一般的な人と呼ばれていた人はその適応能力を失うからです。

 

自分は周りと違うからと言って悲観する必要はなく、むしろ自分はレアなんだというくらいの気持ちでいきましょう。

 

だって、あなたが異常でも、そのあなたが世界中にいたら母数が多くなるので、あなたは正常になるんですから。

 

人間は群れで暮らす動物ですから母数の多いほうに合わせる傾向があります。

出る杭は打たれるとはよく言ったものです。

 

人間なんてそんなものですよね。

人間も動物ですので、数が多い方に多い方にいきます。みんなが考えていることを否定すれば群れから追い出されることは猿の時代からなんら変わりません。

 

でも、人と違うということは、本人はそうは思わなくてもそれだけ自分は人とは違った一般的には思いもしない考えが生まれたりします。

 

スティーブ・ジョブズがまさにそうですよね。

 

人とは違うからといって悲観ばかりするのではなく、このように考え方を変えれば希望に変わります。

 

なので、普通の人では思いつかない、自分にしかできないことを考えて行動に移してみると称賛されることもよくあるんです。

 

【あとがき】

今回は少しいつもとは違った記事を書いてみました。

なんたって教授の話が個人的にすごい心に響いたので。

 

僕の書き方ではもしかすると伝わり方も違くなってしまうかもしれませんが、それでも忘れないうちに文字起こししてみました。


何か質問や意見、感想等なんでも受け付けてます

Twitter:@n3d6z

こちらをクリックしていただけるとブログ継続の励みになりますのでよろしくお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村